Yokote Clinic Weblog
開業皮膚科医の気まぐれブログ
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の嘘」
sakurako3
(太田 紫織)を読みました。呪いの迷信にかこつけて,自殺を図った男の話,お祖母ちゃんのプリン,文化祭,理科室の古い骨格標本の群れの中から出てくる人骨と,櫻子さんの師匠の話。ああ,「ライト・ノベル」軽いお話しか。

4月前半の寒さは何だったのかという感じの,ここ数日。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み」
sakurako2
(太田 紫織)を読みました。発見した白骨遺体が,自殺と処理されたものの,実は事故死と判明した話。迷子の親を探したら,死体で発見され,別の乳児が瀕死で発見された話。子沢山のセレブと鬼子母神の話。どろどろ殺人じゃないから,軽くて良いか。

いきなり初夏。皆さん体調管理にお気をつけ下さい。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」
sakurako
(太田 紫織)を読みました。「三度の飯より骨が好き」な櫻子さんが,旭川の高校生と一緒に謎解き。旭川ローカルは珍しい。「骨」と共に,やはり生化学,生物学的知識。今度実写化,テレビドラマになるらしい。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」
bibria7
(三上 延)を読みました。シェークスピアの戯曲集である「ファースト・フォリオ」を巡るお話。最初に登場人物相関図も載ってるが,それほど複雑ではないが,キャッチアップ出来ない部分も。作りは「タレイラン」よりはずっと細かいか。この表紙の栞子さんの下半身は「フォトショし過ぎ!」ってやつだ。

4月になって,やっと春になった。各地の「桜まつり」は一寸残念か。今週がいいだろう。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」
cafe
(岡崎 琢磨)を読みました。「ビブリア古書堂」と区別がつかない。最初は同じ作者と思った。「古都鎌倉」に対し,「古都京都」。二十歳かそこらの青年と,一寸年上,物静かなお姉さん。専門知識で推理し,事件を解決。表紙に惑わされたか。「古都」に暮して,日常を過ごしてみたい。

暑さ寒さも彼岸まで のはずじゃないのか!と毎年思ってる気がする。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

Chie911

Author:Chie911
気まぐれブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR