Yokote Clinic Weblog
開業皮膚科医の気まぐれブログ
「アウトサイダー 陰謀の中の人生」

(フレデリック・フォーサイス)を読みました。フォーサイスは無条件で買う。今回も発行を知らなかったが,見つけたので即買い。自伝とは知らずに購入。僕が子供の頃僕が夢見た,妄想してたような歴史だ。羨ましい。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「天子蒙塵1&2」
tenshi1&2
(浅田次郎)を読みました。第1巻は溥儀の妻,皇妃文繍,その妹文珊が新聞記者のインタビューに応える形での独白。一寸退屈だった。第2巻は溥儀の独白,一度関東軍に従うと見せかけた馬占山,「マンチュリアン レポート」を書いた志津邦陽,最後は春雷,文秀夫婦の帰省と,今までの登場人物を皆回収して,堂々の最終章!かと思ったら,第三巻に続くだった。確かに,張学良の話が出てこない。二冊同時発売だったから全二巻と勘違いした。全二巻なら「上下巻」,全三巻なら「上中下」だろうからこれは最低四巻か?

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「ダンナ様はFBI」
danna
(田中 ミエ)を読みました。ずいぶん前にテレビドラマで見た。映像は覚えてないが,読み始めて,内容は何となく覚えていた。田中麗奈だった気がする。合衆国の社会状況が,20年後日本に起こるというのは,以前から言われていたが,そんな気もする。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈下〉」
Venice2
(塩野七生)を読みました。宿敵トルコ,聖地巡礼パック旅行,大航海時代の挑戦,二大帝国の谷間で,地中海最後の砦,ヴィヴァルディの世紀,ヴェネツィアの死,の七章。世界情勢の変化に伴う,産業構造の変化。その結果に伴う人材育成,機会の違いが,ボディーブローの様に影響したのではないか。規模の違いは有れど,ローマ帝国の正当な継承国家に思われるこの国も,新興フランス共和国に破れる。日本も,今,同じような状態に置かれてる気がする。何と言ってもリーダーが重要。確固たる信念を持ったエリート層の育成は,教育だろう。ちゃんと漢字も読めない,言葉も知らない奴や,国の重要案件に関る地名が読めないようなバカは,もう止めてくれ。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」
shinofuti
(門田 隆将)を読みました。絶望的危機に襲われた時,前線にいる人はいつも最善を尽くしていて,それは,幸運にも恵まれながら,良い結果を導いている。日中戦争からの,太平洋戦争でも,個々の前線では,そんな話に溢れているか。だが,その絶望的危機をもたらすのは,不甲斐ない首脳陣だ。福一の危機は回避したかもしれないが,これからの危機はどうする。制御出来ない物は,扱っちゃいけない。火山,地震と予測不能の自然災害に曝されているこの国では,万一の時は人は近づけなくなる。台風だって巨大化してるようだ。直ちに廃炉に向かうべきだ。その技術こそ日本の宝になって欲しい。

一日休憩を挟んで,また極寒。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

Chie911

Author:Chie911
気まぐれブログへようこそ!



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR